teteria


teteriaさんの紅茶、取り扱いはじめます。


teteriaさんの紅茶をご存知の方はきっと多いの

ではないでしょうか。

もしくは、何処かでパッケージを見たことがあ

るかもしれないですね。


飲んだことがない方も一度お試しください。

きっと、おいしい紅茶に出会えた!

と思っていただけますよ。


“毎日飲んでも飽きない紅茶”を目指して。

お湯をそそぎさえすれば数分で完成する紅茶という飲み物。 シンプルといえばこの上なくシンプルですが、とても深い魅力を持っています。

もちろん 紅茶とその時間は日常の事なのですが、特別な時間とも感じています。

例えるならば、テーブルの上の小旅行です。 では一緒に旅にいきましょうか。

teteria 大西 進

BREAKFAST 70g 1000円税抜き


スリランカ産の細やかな茶葉

シンプルな香味を朝食に

紅茶の基本のようなスッキリとしたシンプルなティスト。ストレートにもきれいに楽しめ、茶葉をたっぷり使って濃く仕立てたり煮出したりすることで豊かなミルクティーも作れる紅茶。

アイスティーも◎

ASSAM ORTHODOX 70g 1000円税抜き


インドアッサム地方の紅茶 大きな茶葉

アッサムのオーソドックススタイルのフルリーフはテテリアが最も大事にしている紅茶の一つです。コクのある香味はぜひストレートで、または少しのミルクを加えてあっさりとしたミルクティーを。


LAVENDER-MILK 70g 1000円税抜き


ラベンダー風味のミルクティー用茶葉

煮出した手鍋からラベンダーの香り。

ミルクティー用の紅茶と良質なハーブミックス。



以前、teteria大西さんとはWSでお会いしたことがありましたが、この度、挨拶も兼ね、お電話で大西さんにお話をお伺いしてみました。


紅茶と大西さんのエピソードとは‥

高校生の時にイギリスの探偵小説を読み、紅茶に興味を持ち始めたそうです。

その後、大学時代に放送されていた、

『進め!電波少年』(懐かしい!)の猿岩石に影響され、ご友人と自分探しをする旅インドへ。その時に出会ったチャイがまた紅茶を好きになるきっかけを作ったそうです。

その後、一旦一般企業に就職するのですが、2年で退職。そこから先は、紅茶の道に一気に進まれたそうです。

10年、紅茶専門店で働き、お茶全般に興味がわき、お茶を探究する日々が始まったのです。台湾や中国にお茶を探す旅をしたり、緑茶やハーブティーの専門店を巡ったりしながら、世界各国の様々なお茶の魅力を発見してきました。


プロフィール

1976年群馬県生まれ。大学卒業後、紅茶専門店勤務を経て、2005年紅茶を中心とした茶葉の卸販売と紅茶の楽しさを伝える

教室を行う紅茶屋「teteria(テテリア)」を静岡県沼津市で始める。

著書に「teteria 流お茶の本」講談社、

「はじめての紅茶」millebooksがある。